アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
課題文集
ブログ紹介
毎日文化センーターの文章教室から課題を文集にして、ブログに書き続け、製本したものを、生きた証として残しています。
毎日新聞女の気持ちペングループの組織に二〇年在籍。大阪会の世話と、女の気持の文章を書き続けながら癒しています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
課題「メモ」
 何年も前から忘れないように、メモ用紙に書く習慣がついてしまいました。買い物に行く時は、いつも持っていきますが、そのメモも忘れる時もあります。各種のメモ帳を作って、迷わないように使い分けています。簡単な買い物や、今日の予定などは、紙切れに書きます。大きな貼りカレンダーにも予定や約束など書いています。会計ノートの年間と月の予定表に、日日の出来事や、使った会計などを書いて、あとから見てもわかるように、いつどこで調べるのもつごうがいいのです。手帳などに書いて持ってもいいのですが、家でゆっくりメモノート... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/22 15:31
課題「カラス」
 晴れた日の青空に、カラスが自由に飛び回って、餌を狙い撃ちしているようです。ゴミの置き場は、決まっている曜日と時間を守って置くことになっています。白い透明なビニール袋に、生ゴミや燃えるゴミを入れる決まりです。朝の早い日に、自転車から、ボイッと投げ捨てて、走っていくは、独身男性の一人暮らしのようです。駅に近いので、通勤の途中での行動のようです。各家庭の主婦たちは、心得ているので、ゴミをこぼれないように、破れていないか、きちんと口を閉めて出します。置き場の回りに、少しでもゴミがこぼれていると、どこか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/08 14:45
課題「切札」  
 切り札は、私にとって難しい、どれが切り札かわからないです。ふだんの生活に変わりなく、突如として現れてくれないし、辞書を引いても、トランプの切り札を出すとか、自分の大切していたものを、引き出すとか、私には何があるのか、わかなりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/10/18 14:24
課題「豆」  豆の用度
 豆類は種類が多い食品で、豆の材料から作ったっか加工品は、トーフや、醬油、豆乳などを日常的に利用します。豆料理は口当たりも柔らかいし、高齢者などに適して、愛好します。お店の陳列に一面のトーフの材料で作った、料理がおいしそうだからたびたび利用します。元気な若い人たちの好みとは、少しかけ離れた料理なので、栄養は豊富にありますが、物足りないのか好まないようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/04 14:50
課題「自由」  戦争を思う
 大阪城の森の宮、ピース大阪の展示場を、テレビで見て、以前にも見ましたが興味があって行ってきました。    昭和一二年に生まれ育った場所で、父親の職場でもありました。終戦後、七三年目なり、大阪空襲の写真展では、大阪城付近に、陸軍砲兵工廠跡が、転々とたち並んでいます。日本のために大砲製造所が発展し、明治の初期から設置されていました。みんなが働いているようすが、写真や、小さな画面に見られます。焼け跡が残酷です。長崎、広島の原爆の跡の惨い風景写真も見ました。戦争は勝っても負けても犠牲は大きいです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/09/20 15:39
課題「いちじく」  
 果物の中で、いちじくが苦手で、買ってまで食べません。細かい種が多くて、歯にはさまって、歯茎が痛くなってくるから好みません。いちじくの柔らかさや、薄い皮の下の白さも、樹からもぎるさいに、先の方が割れて、アリやハチが入ったようで、気持悪いから好みません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/06 15:34
課題「雨」  雨の日
 猛暑の晴天よりも、雨模様の日がしのぎよいし、動きやすいです。平成三〇年七月、西日本豪雨で、がけ崩れや、河川の破壊、床下、上、浸水で流された家屋や、道路、鉄道、橋など各地で被害。屋根の上や土管の整理している人も、ずぶ濡れになりながら、、大変な力で活躍しています。全国的に被害は大きく、各地で大勢のボランテイアが活躍、片付けていく様子を、テレビで見ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/30 14:48
課題文集「耳」  五体満足
 五体満足に生まれたのに、途中で何らかの影響で、五体の一部が、不自由な身になってしまう不幸な人もあります。五体の一つでも欠けると、動きが不便になります。体の中の病は、あまり目立ちません。外部では、手、足、腰、顔の部分がほとんどです。どれ一つ欠けても不便を感じて、思うように体が動いてくれません。故障は個人差があります。とくに眼が見えないと、世界がわからないし、不自由をしながらも、杖や盲導犬の助けで行動されています。聾唖者も手話で会話をしています。五感が活発に快調に活動されている姿を見ると、尊く感動... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/02 14:52
課題「ナツメロ」  終戦後の流行歌
 一九四五年昭和二〇年八月一五日。数えで八歳の国民学校二年を大阪市内で迎えて、どさくさまぎれで、落ち着くまでに、五、六年かかりました。ラジオから流れる歌が印象に残ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/07/19 13:41
課題  「自由」  思いのまま書く
 自由課題となると難しい、思いつかないし、浮かんでこないので、苦手であるのにかかわらず、考えていると、日が追ってきます。何年も文章に関わっているのに、思いつきません。考えている時は、なおさら浮かんできません。ある日、フッと浮かんだ時は、スラスラと思いのまま書くことができます。頭の中が混雑して、一つの題に絞って、どこから書いていくかと、主点なく難解になってきます。考えや思いを文章にし、感情を表して書いていると、不思議に浮かんで心が落ち着いたきます。言いたいことや伝えたいことなど、口での言葉が苦手な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 15:01
課題「紫」  紫外線
 太陽の輝きを受けて、眩しくて眼をあけられない。顔は、紫外線に当たるとダメになってしまうので、女性は美容に心がけています。太陽をあびると、気分もいいし、あじさいの紫色も一段と輝き、清々しい一日を迎えられます。天気予報やCMなどでもに、紫外線への注意を伝えています。午前一〇時ごろから午後一時ごろが、波長が激しいのだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 15:14
課題「迷い」  迷わせられる
 世の中は、迷わせられることが多いです。社会の出来事、政治の仕組み、家族生活など、最近は、政治家の行動に、公と私利私欲に迷走しているように迷わせられます。コロコロ話も変わる、言わないとか言ったとか、記憶にないとか、自己顕示欲が強く、真実が解らないままに、迷わされた状態になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 14:47
課題「森」   森の風景
 吉野の山奥で、婚家の縁先に座り、前の川を挟んだ、向かいの山の森を思い出します。五五、六年前に見た森は、杉の木が茂って、葉よりも根本から太い樹が天まで届きそうで、新緑深く神聖な森でした。裾のほうは民家が数件達ち並んでいます。山の中の森を体感してみたいな、と眺めていると、黒いカラスが飛び立ち、数回グルグル回っているようすに、いろんな小鳥も飛び交うのだろうか、と小鳥がさえずりながら飛び回っている自然な景色に癒されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 14:33
課題「地下鉄」   地下鉄の動き
 大阪市営地下鉄は、昭和八年に御堂筋線の梅田ー難波ー天王寺と営業されていました。徐々に地下鉄は網のように伸びていった。市電は明治三六年から営業し、地下鉄が四方八方へと伸びたので、昭和四四年頃までに全線廃止されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/17 15:20
課題文集「芋」  好きな芋類
 芋類は好きですが、あまり食べると、胸がつかえるから加減をします。戦争当時、主食にほとんど芋類と葉っぱを食べていました。おやつにポテトや芋けんぴなども。芋のて天ぷら、さつま芋は甘味があって、あんこに用います。飽きるほど食べたので、今では見ただけでうんざりします。じゃが芋のおやつにポテト。子供たちが喜ぶから家でもできるし、今はお店で買えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 14:33
課題「細雪」 船場の風景
 谷崎潤一郎の長編小説を読む。父親の妹婿が船場で反物の卸を営んでいた当時、兄妹や従兄弟姉妹たちと良く遊んだことを思い出します。北浜から本町、心斎橋までが問屋街で、従姉たちと、反物の置いている店をうろうろして、じゃまになると、よく叱られました。きれいな柄の布がいっぱい並んでいて、大きくなったら、こんな着物を着ると、憧れていました。問屋街は、一現さんは買えない、地方や小売りの業者が、決まっていて、まいど、と商売上手に声かける様子をおもしろく眺めていました。お客さんは、反物をどっさり買っていきます。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 15:25
課題「自由」  冬の暮らし
 寒い冬を越すと、気持ちも落ち着いて、活発に動きやすく快適生活に戻ります。数年に一度といわれる大雪で、各地の被害をテレビで見ていると、手をつけられない被害に見舞われ、雪の後始末や建物に、負担がかかり気の毒な気もします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/22 14:57
課題「競争」  競争心
 競争心の強い人は、成功する可能性も強いです。個性的な性格で、回りが圧倒されて、押されそうです。ついて行くのがしんどいです。気が弱くても、芯は強く、しっかりした性格の持ち主は、信頼されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/22 11:23
課題「無理」   無理な運転
 世間では、高齢者の運転は規定があり、運転に自信があっても、七〇歳、八〇歳代は、感覚が鈍くなるため、乗せてもらっていても怖いし、運転されている姿を見ると、なおさら怖さを増して乗れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 15:42
課題「餅」  餅の季節
 お餅は、正月以外に食べる習慣がないが、、たまにぜんざいをして、食べるとおいしい。高齢の一人暮らしだから、喉に詰まらすと事故がおきて、命取りになるから怖いです。傍に誰もいない時は恐怖を感じて、ゆっくりいただくように心がけています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 17:55

続きを見る

トップへ

月別リンク

課題文集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる