課題文集

アクセスカウンタ

zoom RSS 課題「湯」  湯の使い方

<<   作成日時 : 2019/01/17 14:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 薬を飲むには、以前は水かさゆに決まっていました。今はお茶でもいいし、飲み物であればいいと言われて、びっくりしました。ふだんはお茶やさゆ、子供はジュースなどを好みます。

 温泉の足場が満員で、足を入れられないくらいの人気があります。若い男女がいっしょに足を入れて楽しそうです。銭湯風呂、温泉などは男女別々に、川原の広い露天風呂は、男女混浴もあります。高齢者の男女は慣れているのか、楽しんでいる風景を眺めています。和歌山県山奥、龍神温泉の美人の湯が、当時、田舎の家から、そんなに遠くないし、よくいっていました。体や顔はつるつるに光って垢向けし、体の芯から疲れ取れてホッとします。美人になったような気分になります。テレビの旅の案内に紹介されて、若い人が憧れる美人の湯が、繫盛しているようすが浮かんできます。車で紀伊半島の国道沿いを走り、川原や海などは、温泉街が多く、露天風呂を眺めていると、地元の人たちが楽しんでいるのが見えます。温泉湯を利用し、料理などに献立を考えているようです。温泉湯で卵をゆでてもおいしいし、温泉湯の上で葉物野菜などゆがいてもいいし、地元の人たちの知恵で、献立をしているのを眺めて感心しました。

 冬は冷たいので、湯ばかり使い、湯の利用が多く家事一般役立っています。炊事するにも、油物は湯で洗い、湯がなくては、やる気がなく炊事がはかどりません。冬の冷たい水で炊事やぞうきんがけをしていた当時の昔の人は、手も荒れて、しもやけの手入れが大変だったと思います。大切に湯を扱い、炊事を楽しく過ごしています。

 今はぞうきんがけは、濡れた紙、おしぼりのような、使い捨てで、拭き掃除をし、長い柄をついたローラーつきで、高い所など便利がいいし、あまり手も汚れません。体も楽に動かせて掃除ができるので、短時間で終わってしまいます。年末の大掃除には重宝されて、家の中もきれいに片付いて、年寄りでもできるし、体を動かすために、運動がてらにします。一石二鳥で、家の中が落ち着いてきます。
   
        二〇一八年  十二月十九日

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
課題「湯」  湯の使い方 課題文集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる